屋根雨漏り修理で失敗しないポイント

subpage-img

屋根雨漏り修理で難しいのは、どこから水が漏れているのか簡単には判断できない場合です。
たとえば台風で屋根瓦がずれたとか飛んだとかいう場合は、ひと目で原因を特定できることもあります。

しかし経年劣化で徐々に水が侵入しはじめ、いつのまにか天井や壁に染みができている場合、原因は一箇所とは限らず、修理が難しくなります。



修理したと思っても、場所が見当違いだったりすると、雨漏りが止まらない可能性もあるため、素人工事には注意が必要です。

屋根雨漏り修理のプロが水漏れ箇所を発見する際には、赤外線や蛍光塗料を使うこともあります。


まず原因を正確に把握することで、必要な場所だけを修理でき、失敗を防ぐとともにコストの削減にもなります。


ただし漏れた雨が深くまで浸透し、屋根材が腐食しているような場合は、雨漏りだけを止めても根本的な解決にはなりません。



このようなときは漏れている場所を塞ぐだけでなく、下地から張り替える必要があり、さらに雨で被害を受けた内装の復旧工事も行なわなければなりません。すべての工事を施工すると相当の費用がかかりますが、家の寿命を少しでも延ばすためには大切なことです。

しかし反対に、その家に長く住むつもりがないなら、応急処置だけで済ませるのもひとつの方法です。

屋根雨漏り修理を業者に依頼するときは、どんな処置をしたいのか自分の希望をはっきり伝えるとともに、できれば複数の業者から相見積もりを取るのが望ましいでしょう。



top